豊田都市交通研究所は「都市交通」に関する調査・研究を『実践的』に行う組織をめざし、行政と民間が力を合わせ平成3年3月に財団法人として設立されました。また、平成22年4月には公益財団法人に認定され、一層の公益的役割と効率的経営を目指すことになりました。
本研究所は、(1)広義の都市交通の研究(2)交通モデル都市・豊田市実現への支援(3)世界への情報発信と貢献の3つを目標にして活動を続けてきました。
調査・研究としては、ITS(高度道路交通システム)・TDM(交通需要マネジメント)を基盤技術とし、市民/企業市民参加の視点で、交通安全・交通円滑化・公共交通・環境の4分野を対象に取組み、その成果を地域の交通政策に役立てていただくとともに国内外に情報発信しております。
 
交通は人間の活動の基本です。21世紀を迎え、交通に求められるものはより多様化し、研究所の役割はますます大きなものになっていると思います。私たちは人とクルマと環境を「やさしさ」で結んだ新しい都市の実現をめざします。

理事長
太田稔彦

 
   
 
     
メッセージ | 研究所概要 | 調査・研究事業 | 資料発行 | 機関紙
ホーム
COPYRIGHT(C) TTRI ALL RIGHTS RESERVED
.