開 催 日 平成25年 2月8日(金)9日(土)
会   場 豊田市福祉センター ホール(愛知県豊田市錦町1-1-1)
定   員

300名(入場無料・定員になり次第〆切)

申 込 方 法 申込書にご記入の上、E-Mail または Fax にて下記まで。
主旨

 地域の公共交通は、地域(行政・住民・企業・交通事業者)が自らの手で確保せねばならぬ時代が到来した。地方自治行政は、政府が矢継ぎ早に整えた法制度を前に唖然としている場合ではない。地方自治行政の力量が問われている。これを「チャンス」と受け止め、地域オリジナルの「交通まちづくり」を展開せねばならぬ。では、何を、どうすればいいのか?

  豊田市は度重なる市町村合併により不可避となった「多数の拠点の存在」を肯定し、それを活かした「多核ネットワーク型のまちづくり」を進める中で、「バスは社会資本である」と宣言し「公共交通基本計画(H18)」に基づいた公共交通サービスの展開を図っているが、決して順風満帆ではなく「嵩む行政負担解消」「利用促進」「公共交通を活かしたまちづくり」など、さまざまな課題を抱えている。

  このように、地域公共交通の確保において置かれた状況は、全国の自治体や運営団体にとっても同様なのではなかろうか。そこで、地域公共交通運営に携わる主体それぞれが抱える問題・課題を共有しながら、明日の暮らしを支える地域公共交通のあり方を「クルマの街」豊田市で探る。

プログラム

シンポジウム

13時15分 開演(12時30分 開場)
トータルコーディネーター:(公財)豊田都市交通研究所 所長 太田勝敏
総合司会  稲葉寿美(フリーアナウンサー)
国土交通省講演
パネルディスカッション「地域から発信する地域のバス創り」
 
モデレーター 伊豆原浩二(愛知工業大学客員教授)
コメンテーター 村田  有(中部運輸局自動車交通部長)
パネリスト 広瀬  進(高岡ふれあいバス運営協議会会長)
  竹田  治(NPO法人 バスネット津 理事長)
  和田 光弘(NPO法人 がんばらまいか佐久間 代表)
3 徹底討議「課題に挑む!地域公共交通の明日のために」
 
進  行 稲葉 寿美(フリーアナウンサー)
コメンテーター 太田 勝敏(東京大学名誉教授・(公財)豊田都市交通研究所所長)
アドバイザー 加藤 博和(名古屋大学大学院環境学研究科准教授)
  松本  順((株)みちのりホールディングス代表取締役)
  高野 裕章(富士宮市都市計画課)/ 地域公共交通コーディネーター)
パネル展示(全国事例など)

2/9(土) おいでんバス乗車視察

受   付: 8時45分~9時15分
受 付 場 所: とよたecoful town 豊田市元城町3-11
参 加 費: 当日、受付にてお支払いください。

視察コース:

①市街地コース(9:15~13:00)  参加費  400円
   ・FCHV(燃料電池)バスでトヨタ会館の見学へ行くコースです。
  ②足助コース(9:15~16:00)   参加費1,000円
   ・中馬のおひなさん、重要伝統的建造物郡保存地区で有名な「足助」を散策するコースです。
  ③環境学習コース(9:15~14:30) 参加費  500円
 ・豊田市自然観察の森の見学と環境モデル都市シンポジウム「とよたの環境を考える風土サイエンス」へ参加するコースです。
   
①市街地コース(9:15~13:00)  参加費  400円

豊田大橋を走るFCHV(燃料電池)バス

豊田大橋を走るFCHV(燃料電池)バス

9:15 とよたecoful town施設見学
9:49 「とよたエコフルタウン」 乗車
おいでんバス(中心市街地玄関口バス)
9:57 「豊田市(西口)」 乗車
徒歩(約2分)
10:19 「豊田市(東口)」乗車
おいでんバス(豊田東環状線)FCHVバス
10:57 「トヨタ会館」下車
11:00 トヨタ会館見学
12:30 トヨタ会館よりマイクロバスで移動
愛環・三河豊田駅経由 名鉄・豊田市駅 着

13:00

名鉄 豊田市駅下車 解散
②足助コース(9:15~16:00)   参加費1,000円
足助の重要伝統的建造物郡
足助の重要伝統的建造物郡

街道沿いの家屋で雛人形を飾る「中馬のおひなさん」
街道沿いの家屋で雛人形を飾る「中馬のおひなさん」
9:15 とよたecoful town 施設見学
9:50 とよたecoful town よりマイクロバスで移動
10:20 名鉄 浄水駅 下車
10:30 「浄水駅」乗車
おいでんバス(さなげ・足助線)
11:24 「香嵐渓」下車
中馬のおひなさん、重要伝統的建造物郡保存地区など見学
14:41 「香嵐渓」乗車
おいでんバス(さなげ・足助線)
15:35 「浄水駅」着
15:40 名鉄 浄水駅よりマイクロバスで移動
16:00 名鉄 豊田市駅下車 解散
③環境学習コース(9:15~14:30) 参加費  500円
都市近郊で自然に触れられる豊田市自然観察の森
都市近郊で自然に触れられる豊田市自然観察の森
9:15 とよたecoful town 施設見学
9:49

「とよたエコフルタウン」乗車

おいでんバス(中心市街地玄関口バス)
9:57 「豊田市(西口)」 下車
徒歩(約2分)
10:32 「豊田市(東口)」 乗車
おいでんバス(豊田・渋谷線)
10:53 「自然観察の森」 下車
豊田市自然観察の森の見学
11:40 集合
徒歩(約10分)
11:55

「東山5丁目」 乗車

おいでんバス(豊田・渋谷線)
12:05 「豊田市(東口)」 下車
市街地散策
13:00 JA会館 環境モデル都市シンポジウム「とよたの環境を考える
風土サイエンス」参加
15:00 解散

会場(豊田市福祉センター)アクセス

JR名古屋駅から地下鉄東山線名古屋駅から
 伏見駅で地下鉄鶴舞線の「豊田市行」へ
 乗換え、名鉄豊田市駅下車。

 

豊田市駅西口5番バスのりばから
 「中心市街地玄関口バス」で12分。
 (豊田市駅から会場まで徒歩では約20分)

http://michinavitoyota.jp/main/index.html

豊田市の交通案内は「みちナビとよた」
ポータルサイトをご利用下さい。

参加申込書

申込書をダウンロードし、FaxまたはE-Mailにて、お申し込み下さい。

 

申込書(Word) チラシ(PDF)
宛 先 Fax 0565-31-9888
事務局:(公財)豊田都市交通研究所(担当:山﨑・樋口)
E-Mail bus@ttri.or.jp