メインイメージ

                         豊田市に導入された「ゾーン30」エリア

最新ニュース

Last Update 2017/10/19

第75回目まちべんを開催します!

テーマ:「次世代自動車の大量普及を目指した補助金制度に関する検討」

     ■とき   平成29年11月15日(水)午後6時〜7時頃

    ■ところ 豊田都市交通研究所(愛知県豊田市元城町3-17元城庁舎西棟4F)   (http://www.ttri.or.jp/?page_id=369)
    ■講師 加藤 秀樹(豊田都市交通研究所 主席研究員)
    ■参加費 無料(どなたでも参加できます)
    ■申込みは下記へお電話もしくはメールにてお申込みください
    ■お申込み・お問い合わせ (公財)豊田都市交通研究所 担当:楊  
                     電話 0565-31-7543
                                   メールアドレス machiben@ttri.or.jp

次回(第75回)の内容について

日本の地球温暖化対策の長期的目標として、2050年までに80%の温室効果ガス排出削減が設定されています。くるまのまちであり、環境モデル都市でもある豊田市で、自動車が排出する温室効果ガスの大幅削減達成はとても重要な課題です。現在、豊田市では、プラグインハイブリッド車や電気自動車といった温室効果ガスの排出が少ない次世代自動車購入に対して補助金施策を実施しています。 第75回のまちべんでは、今後の大量普及に向けて、どのような補助金制度が必要か、普及の現状と要因、国内外の事例を基に検討した結果を報告します

今後のまちべんスケジュール

 
                                             
 第75回 11月15日(水)次世代自動車の大量普及を目指した補助金制度に関する検討  (TTRI加藤秀樹主席研究員)
 第76回 12月13日(水)豊田エコ交通出前教室  (TTRI加藤透主席研究員)
 第77回 1月17日(水)テーマ調整中  (名古屋大学工学研究科三輪富生准教授)
 第78回 2月21日(水)(仮)超高齢時代における安全な交通環境づくりに向けて  (TTRI三村主席研究員)
            
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
           
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
     ※ツイッターでつぶやいています。
    豊田のまちと交通をより良くするために日々奔走している研究員が
    まちと交通に関わるあれやこれやをつぶやきます。
   「まちべん」で検索してぜひフォローしてみてください。
 
 
Produced by 公益財団法人豊田都市交通研究所