11/14まちべんを開催します

今回のテーマは【豊田市における住居立地場所が世帯や行政の収支に及ぼす影響】です。
【内容】

多くの自治体で都市の集約化に向けた施策が進められています。豊田市においても「多核ネットワーク型都市構造」の確立に向けた取り組みが進められています。ところで、なぜ都市の集約が必要なのでしょうか。都市を集約すると、世帯や行政に良いことがあるのでしょうか。

今回のまちべんでは、豊田市の関連施策を紹介するとともに、住宅に焦点を当てた立地場所の違いによる影響を費用の面から分析した成果を報告します。

【話題提供者】

西堀 泰英 (豊田都市交通研究所 主席研究員)

【日時/場所】

11月14日(水)午後6時~7時頃
豊田都市交通研究所 大会議室(元城町3丁目17 西棟4F)

【お問い合わせ】

(公財)豊田都市交通研究所 担当:楊

電話:0565-31-7543

Email:machiben@ttri.or.jp